20180527渡良瀬川で友人とバスフィッシング。レンギョ爆弾炸裂!

スポンサードリンク

今朝は早朝5時に友人と待ち合わせして渡良瀬川でバス釣りをしてきました。

渡良瀬川

場所は渡良瀬川と利根川が合流する手前の黒い矢印のあたり。

うっそうと草が生い茂る道を抜けると水門と渡良瀬川との合流点に到着。

対岸に釣り人はいるもののこちら側には誰もいない。前回は冬にここにきたのだけれど、その時より水量は増えていました。水深にして50cmほど高くなった感じ。

 

しばらくして鯉釣りおじさん登場、友人はスピナーベイトでの初バスをゲット。サイズは約45cmでなかなかのサイズ!

 

 

そしてこの数分後、レンギョ爆弾炸裂。なぜだかわからないですが、1mくらいありそうなサイズの大量のレンギョ(40〜50匹)が水面から一斉に飛び跳ねる。あっちでバッシャンバッシャンしたと思ったらこっちでバッシャンバッシャン。

さっきまで穏やかだった水面が大量のレンギョのジャンピングによって一気に波打ってました・・。

圧倒されちゃって写真も撮ってないからね!!

 

 

なんだか釣れるきがしねぇ!ってことでコーヒーブレイク。

粉と水持って行くからマキネッタ持ってきてというので準備したザリーナのマキネッタ。あまりに久々に使うので水タンクのところの締め付けが甘く、上から抽出する前にわきから吹き出して1回目終了。もう一度友人に豆を挽いてもらって2回目でちゃんとしたコーヒーが飲めました。

 

 

隣の鯉釣りおじさんはナマズを釣ったようなので、僕はコンビニで買ってきたベーコンをセットしてナマズ釣りスタート。

最初はワームのスプリットショットにベーコンつけてキャスト。ちょっと見てないうちに竿がギュンギュン引っ張られて餌がなくなってました。このグラスロッドだと短すぎるので海釣り用のスピニングに交換して今度はジグヘッドリグにベーコンつけてキャスト。

しばらくしたらドラグがギュギュギューーーーン!!となって勢いよく引っ張られ、ロッドを持って合わせた時には水中の障害物に引っかかり終了。ルアー投げつつエサ釣りやるのも大変だった。

 

場所移動 渡良瀬川から渡良瀬遊水地へ

ここに来るのは10年ぶり?くらい。以前全くなかったのに浮き草のオンパレード。

スピナーベイトを投げるも水草に引っかかりうっとうしいのでフロッグに交換。水草に隠れたバスor雷魚を狙います。投げたルアーに水面がうねるような反応はあるもののバイトにまでは至らない。今日の釣りは昼までなので最後の場所移動。

 

先ほどの場所から北へ車を走らせました。(移動時間4〜5分)

水深は20〜30cm程度でとても浅い。ウシガエルでも釣れたらいいなとしばらく投げているとバスらしきバイト!写真にある船のところでルアーを持っていかれるもフッキングせず。

もう一度投げたら「パチュ!パチュ!」と2回ほどアタックはするけど加えて行くほどではなかった。

昼過ぎたのでここで釣り終了。最後の最後で友人が根掛かりしたというので長靴を貸して取りに行っているの図。

今日は終始天気が良く腕がヒリヒリするくらい焼けて赤くなってしまいました。

今回の釣果は友人が45cmのバス釣ったのみ。僕の方はレンギョが間違ってひっかっかったようなでかいあたりとバスらしき魚のフロッグへのバイト程度。釣り上げた魚はなし。何よりも今回の釣りで一番嬉しかったことは自分の調子悪いリール(シマノスコーピオン1500)が絶好調にぶっ飛びリールになったこと。

 

それに友人も初めてスピナーベイトでゲットしたバスが初の40アップだったというのもよかったね!

また時間合わせて是非とも釣りに行きたい。そして次こそバスゲットしたい!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です