ナマズを狙える新しい釣り道具が欲しい!だけど趣向がどんどん変化して行く。

スポンサードリンク

近所の川でナマズ釣りができることを知ってから新しいタックルが欲しくて仕方ない。今使っているタックルはSZMのパックロッド(4000円前後)にスコーピオン1500なんだけど、この組み合わせは単にバイクでの移動を考えてコンパクトに済ませるため。

パックロッドなので強度面ではちょっと心配。ワンピースだとバイク移動が大変そうなので2ピースくらいがいい。

 

そんなこんなで今気になっているロッドがこれ。

アブガルシア(Abu Garcia) ベイト ロッド クロスフィールド XRFC-702M

価格はアマゾンで約8000円。

 

あらゆるフィールドに対応する新コンセプトシリーズ

一昔前は1本のルアーロッドで、バス・トラウト・ソルトの釣りを楽しんでいました。その後、各ジャンルに合った様々なルアーロッドが生まれ、より専門的に、より快適なルアー釣りが可能になりました。しかしながらビギナーにとっては、ロッドの種類が多すぎて、ルアー釣りを始めてみたいけど何を選択して良いのか分からない、全部買い揃えるのは大変、といった悩みも出てきました。「クロスフィールド」は、現代のロッド技術を活かし、専門ロッドの機能を持たせながら、これ1本で様々なフィールド・釣り方・ターゲット魚種を狙える、ルアー釣りを始めるにはもってこいのオールラウンドなロッドです。気軽に楽しく、より快適に自分らしく釣りを楽しみませんか。一目でわかるアイテム別対応表を見ながら、あなたのスタイルに合ったベストなアイテムが探せます。細分化された現代だからこその原点回帰。1本のロッドをフル活用して、より多くの魚種を狙ってみましょう!

http://www.purefishing.jp/product/rod/xrossfield.htmlより引用

なんでもできます系のオールラウンドロッド。バス用、トラウト用、雷魚用などいろんな専門ロッドがあるけれど、それらで他の魚種を狙っちゃいけないわけでもない。昔は今みたいに細分化されてたわけじゃなく、雷魚などを釣るにしてもバス用の硬めロッドでやりましょうみたいな感じで本に書かれてたよね。

 

そんなわけでバスもナマズも・・・と狙うとなると上のやつだとちょっと柔いかもしれない。ナマズも雷魚もと考えれば最低でもこの辺りかな?

アブガルシア(Abu Garcia) ベイト ロッド クロスフィールド XRFC-672MG

価格はアマゾンで約9500円

でもここまで行くとちょっと予算的に厳しい。じゃあもっと安いのないの?

 

 

あった、クロスフィールドではなく「バスフィールド」というモデル。

アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド ベイト バスフィールド 672MH BSFC-672MH バス釣り 釣り竿

アマゾンで送料込みで約6600円

スペックはこちら

  • ロッド(釣り竿)タイプ:ベイト
  • 主なターゲット:ブラックバス(バス釣り)
  • 継数:2
  • 全長(ft/cm):6’7″/201
  • 仕舞(cm):103
  • 標準自重(g):144
  • 先径(mm)/元径(mm):2.00/11.7
  • ルアー:7~42(g) 1/4~1・1/2(oz) / ライン(lb):10~30使用材料:カーボン98%,グラス2% / 製法:チューブラーパワー:MH(ミディアムヘビー) / テーパーアクション:F(ファースト)

 

クロスフィールドはカーボンシートをX字に巻いてあるのがかっこいいのだけれど、ナマズを狙うようなスペックのものを買おうとすると1万円は超えてしまう。だけどバスフィールドならば今自分が欲しているスペックを安価で手に入れられる・・・。

ルアーも1オンス超えまで投げられるし、ラインも30ポンドまでとか。以前使ってたナマズ専用ロッド並みのスペック。ただなぁ・・・デザインがクロスフィールドの方が完全に好み。こっちはどうしてもチープさが伺えるのよね。

 

なんかもう、ナマズ専用じゃなくていいからクロスフィールドのかっこいいロッドが欲しいって気持ちになっちゃっているのよね。

今現在使っているリールもロッドも20年前に手に入れたようなものだから、正直なところ一新したい。だからロッドとリールをセットで購入しようと考え中。

リールはこれがいいかなぁ。

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール XROSSFIELD7

クロスフィールドのロッド使うならリールも合わせたい。ベアリング数は4個(ローラーベアリング含む)

お値段は約8000円

 

 

ただもう一つ気になるリールがあって、それがこのプロマックス3(並行輸入品)。

通常のプロマックス3はドラグが5kgなのに対して並行輸入品は8kgになってます。ベアリング数は8個(ローラー含む)。お値段9680円

 

クロスフィールド7は海水でも使うことを考慮してベアリング数も少ないのかな?海水が内部に侵入することを考えるとボールベアリングなど錆びて著しく機能低下してしまいそうだもんね。プロマックスは主にブラックバスなど淡水をメインとした釣りだろうからベアリング数も多くなっているのかもしれない。

 

 

単純にナマズを狙うためだけならプロマックス3とバスフィールドの組み合わせがベストな感じだけど、海水や汽水域でも釣りをしようと思うならクロスフィールドのセットの組み合わせがいい。そして何よりデザインがかっちょいい。

やっぱり釣りをやるにしても最高に気に入っている道具で釣りをするっていうのも大事なことだからね!

 

 

うーん・・タックル選び・・・もう少し悩んでみよう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です