VAGはサブカルチャーの入り口。このガチャにビビッときたら要注意!

スポンサードリンク

VAG(VINYL ARTIST GACHA)

 

初めて中野ブロードウェイに行った時にたまたま見かけたガチャガチャ。それがVAGというビニールアーティストガチャでした。詳しいことはよくわからなかったけれど、デザイナーズトイっていう部類。

 

ガチャガチャなのに1回500円もするの。高いよね?今でこそ100円のガチャガチャは見かけなくなったけど、200円〜300円くらいが相場じゃない。それなのに500円。

 

1回500円もするけど、これ可愛いなーって思って回したのが。ランジロンベイビー。

 

初めて購入したのがオレンジ。のちに購入したのがグリーン。このVAGは全国どこにでもあるわけではなくて、トイザらスとかビレッジヴァンガードなどの一部の店舗にしか置いておらず、僕自身ガチャを回そうと思ったら1時間くらい車を走らせないといけないくらい。

 

ソフトビニール製のカプセルトイなんだけど、ソフビなんて小学校低学年の時以来触っていないよね。だけどこの見た目の可愛さに釣られて買ったはいいが・・・これを機にどんどんソフビ沼に足を突っ込んで行くことになる危険な代物。

 

さっきね、家にあるVAGソフビをかき集めてみたんだよね。

 

 

カラフルで、ポップで可愛いだろ?つい欲しくなっちゃうの。

 

このソフビはどんなアーティストが作っているんだろうって検索して調べるようになったり、今度のVAGではどんなラインナップになっているんだろうと気になったり、もう前のやつ買えないなぁと思ったらヤフオクでちょい高めに売ってたり・・・。

 

 

そして何より、これらVAGのアーティストの方達はもっと大きいサイズのソフビを売ってたりするんだけど、定価はまぁ良しとするけど・・・その後の転売でアホみたいな値段で取引される怖さ!!転売ヤー許せん!!

 

ソフビ1体数千円。これは金型が必要なものだからそれらの値段が妥当なのは良くわかる。中にはアーティスト自身が色ぬりをしたものもあり、それらはオモチャというよりもアート作品として世に出されるわけだからそれなりの価値があるのも理解できる。

 

これらのソフビはおもちゃであって、そしてアートでもあるんだね。

 

 

そう考えるとさ、彩色してあって500円ってすごく安く感じるわけ。

「ガチャ1回500円?高いでしょ!!」←これ普通の人。

「このソフビ1個500円?安くね??」←沼に取り込まれてる人。

 

この前も秋葉原の「one up.」に行ったら最近のだけではなく以前のVAGも並んでてテンション上がっちゃったわ。

 

 

写真左の大きいカエル(ケロンガ)欲しくて中野ブロードウェイに探しに行っても買えず、結局ヤフオクで買っちゃったという代物なんだけど、このケロンガが大量に展示されててさらにテンション上がったもんね。

 

 

ここに展示されているのは売り物ではないので購入することはできないんだけどね。もしもまだ持ってなかったら喉から手が出るほど欲しい〜ってなっているところだけど、我が家にはすでにケロンガさん2対いるので平常心でいられました。

 

つまり何が言いたいかというとですね、ちょっと遊びのつもりで買ったVAGでいつの間にかソフビ沼に引き込まれる危険性がありますよ!!ってことです。

 

ほんの出来心で1つ買ったなら、それはいつの間にか2個、3個と増殖していく危険性があります。他の人のブログを見ても「これ可愛いので回してきました!」と紹介する時には1個なんてことはありません。同じの数回回し、他の種類にも手を出し、ロフトでボックス入りのを購入したり、そのアーティストさんのソフビを追い求めるようになる・・・おお、恐ろしやソフビ沼。

 

とりあえず6月に次の新作が出るというので待ち遠しい。

http://sofvi.tokyo/vag15/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です