VAGソフビ「偶像怪獣」は小さくたって偶像怪獣。

スポンサードリンク

偶像怪獣?

VAG偶像怪獣

 

偶像怪獣はLEOソフビ坊やさんが手がけるオリジナルソフビです。

 

ソフビというものに興味を持って色々ネット上で情報を探している時に見かけた偶像怪獣。初めてこれを見たときは「これはヤバいやつだ」と思いました(笑)

 

その偶像怪獣はこちら

 

長くて奇妙な手、仏像?顔怖い。得体の知れない何か・・・。

 

これは僕とは縁遠い何かだなってことでしばらくスルーしてました。

 

 

だけどあの独特の形状とかすごく気になるよね。調べてみたら偶像怪獣の他にシリーズで「タブー」「イドラ」というものがあるんだね。偶像「怪獣」というから怪獣なんだろうけど、ウルトラマンとかゴジラとか、そういったストーリーの中に出てくるものではなくて怪獣という存在そのもの。

 

 

シリーズ14で一番気になったVAGのガチャが偶像怪獣だった

これが出たときソッコーで回したよね、偶像怪獣。最初は奇妙でスルーしてたのに、目に焼きつくくらい強烈な印象を持ってた偶像怪獣。そして見れば見るほどにカッコイイと思えてくる偶像怪獣。

怪獣が横を向いているようにも見えるけど、もう一つ目がある。これが正面だとすれば歪んだ表情の怪獣。胸筋?腹筋?はムキムキのシックスパック(シックスどころではない)で、それでいて腕と足(へびのような胴体)は蛇腹ホースのような形状。

 

手先は筆のような毛束のようになっていて、尻尾の先端にはボコボコした球体状の何かがついてる。

 

側面の顔は片方が花?歯車?みたいになっている。口はぐるっと一周裂けているようで、たくさんの牙が並んでる。でも裏っかわは牙の形状が変わっていて、これも指先のような毛束状になってる。不思議。

 

脇腹あたりには星状の模様が並んでいて、海の岩にへばりついているヒトデのよう。

 

 

 

背面側、背びれのようなトゲトゲが並んでいてそこからアメーバ状の翼のような模様が見える。

本体の色は赤で、メタリックブルー、ゴールド、ピンクシルバー、パープル、ブルー、メタリックグリーンなどの色が使われている。こんな小さなソフビなのに多色で色ぬりされていて本当にすごい。

 

 

あまりに気に入ったので自分色に変えちゃう

このVAGは本当に買ってよかったと思えるソフビだった。だってもう、かっこよすぎるもん。あまりにカッコ良くてお気に入りなので、自分なりのオリジナリティ加えたくなってしまい墨入れ加工を施しました。

 

墨入れといえばかっこ良さげですが、油性ペンで黒く塗りつぶしただけです。溝に黒いインクが入り込むようしっかりガシガシと塗りつぶして行きました。その後、表面の塗装をパーツクリーナーなどの溶剤を使って落として行きます。

 

溝部分が黒く影になったので凹凸が浮き上がって見えてかっこよさ倍増。表面の質感がより際立って腕や指先の形状がより細かく見えます。やばいよ、マジでかっこいい!(自画自賛)

 

 

 

持っているVAGの中で一番触っているので余計に塗装が落ちてきてしまった。動くのは頭部分だけだけど偶像怪獣はずっと触っていたいと思わせる造形なんだよね。

 

 

オリジナルのまま飾っておきたいからもう一個回してきた。

自分で手を加えておきながらも「オリジナルのまま置いておきたい」という欲求からもう一回やってきました。

本体がパールホワイトにうっすらブルーが混ざった感じの爽やかな偶像怪獣。黄色か青が欲しいなと思ってたので嬉しい。でも他の色も欲しい。全部欲しい。

 

赤いボディのものと違って毒々しさがない。爽やかMAX!!

夏のお供にスッキリ爽快偶像怪獣って感じ!尻尾のボコボコが緑色でブロッコリーみたいで可愛いでしょ?食べちゃいたい感じでしょ?

 

やばいなぁ偶像怪獣最高だな。

 

小さいのばっかり触っているとさ、やっぱりオリジナルサイズの大きいやつ欲しくなってくるんだよね。オリジナルは27cmくらいあるんだってさ。そんでもってでデカイやつはデカイやつでさらに細かい造形がされているし、彩色に関しても芸術品だと思えるレベルですごいんだ。

お値段はざっくりガチャの60倍くらい。でも納得できちゃう。僕がいま独身で自由にお金を使えるのならボーナスで買ってしまいたいくらい欲しい。現状だと買うのは不可能に近いかな・・・。

 

 

だから僕はこの小さな偶像怪獣を撫で回して塗装を禿げさせてしまうのだ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です